精密板金/プレス/金型/兵庫/溶接/

株式会社 市川工業所

>事業案内

ごあいさつ

ごあいさつ

株式会社市川工業所は、1961年金属プレス加工の個人会社としてスタートした。以来、精密板金加工、溶接、プレス金型製作、NC旋盤とし、顧客の要望に応えてきた。最近、多種少量が多種”極”少量、また、ジャストインタイムが要求される昨今となってきている。当社製品に対する顧客の品質要求も高度化し、コスト低減も一段と厳しくなってきました。この社会の変革に対応し、顧客とともにさらなる発展を目指していくためには、社内改善、危機管理意識の高揚など様々な点で見直しが必要であり、なかでも当社製品を採用して頂く顧客の利益に直結する製品の品質向上こそが最重要である。弊社が社会貢献できる企業、または、社会に必要な企業となるようにさらに努力をしたいと考えています。

                      代表取締役  岩崎敬三
 

信頼を得ている技術ノウハウ

信頼を得ている技術ノウハウ1
信頼を得ている技術ノウハウ2

株式会社市川工業所では、1級工場板金技能士5名、2級工場板金技能士9名がお客様の製品に携わっております。これら技能士の卓越した技術ノウハウをベースに単品からアッセンブリーまで高品質、低コスト、納期厳守を追究しております。
 

ネットワークを活用した「モノづくり」

ネットワークを活用した「モノづくり」1
ネットワークを活用した「モノづくり」2

工場内の主要設備をネットワークで結びデータベース化することで、入力作業などの人為的ミスを防いでいます。また、3Dデータを各機械で共有し、製品の完成のイメージや図面の見間違い等を確認することができます。さらにこれらのデータベースから現場段取を外段取化し、初回品であっても短納期に対応できるしくみになっております。
これらのモノづくり体制がお客様へ高品質、低価格な製品を納期厳守でお届けすることを可能にしています。
 

加工技術の融合

加工技術の融合1
加工技術の融合2

お客様の要望に対応するために自社で金型製作の設備を兼ね備えています。そのため、金型修理やメンテナンスにも即対応が可能となっており、低コスト化や安定した品質が確保できます。
精密板金部品にアッセンブリーするピン・ボス等も自社で製造するため、部品の調達などの手間を省き製品のトータルコストを低くすることを可能にしております。
 

会社案内 事業案内 製品案内 主要設備 お問合せ HOME